beautiful blonde look underground

出勤日数

高校生でも働ける勤務先の一つに、コンビニのバイトがあります。
わかりやすいように、コンビニのバイトと比較しながら、キャバクラ求人の仕事との比較をしていきます。
コンビニのバイトは、シフトが決まっています。面接時に、週3日や週5日という風に、1週間のうちに出勤可能な日数を決めていきます。店長などが認めた事情がない限り、このシフトを勝手に変更することは許されません。面接時に週3日は勤務できると約束したら、原則として後から出勤日数を変更することはできないのです。
これに対し、キャバクラの求人というのはシフトが決まっていません。ただし、事実上は週5日以上固定で働ける人が「レギュラー」として扱われます。お店としては、常に安定して働ける女性を求めています。女性がいないとお店を開けることができないので、レギュラー勤務ができる女性は歓迎されることが多いです。ただし、週3日や週4日勤務だと歓迎されないというわけではありません。
キャバクラでは、どちらかと言うとレギュラー勤務の女性が優遇されます。なぜなら、出勤曜日が固定していると、それだけでお客様をつかみやすくなり、指名で来てもらいやすくなるからです。ただし、出勤日数に関係なく指名でお客様を呼べているようであれば、勤務日数や勤務時間なども特に何も言われないというのが現状です。
実力主義の考えが根付いている世界ですが、中には成績だけでなく、秩序や礼節に厳しいお店もあるので注意が必要です。

personality woman

自由

コンビニのバイトだけでなく、普通は毎週決まった曜日に出勤しないといけません。
「火、水、木」と約束したら、「火、水、木」は必ず出勤しないといけない仕組みになっています。もし変更がある場合は事前に担当者に相談が必要です。ただし、やむにやまれない事情がある時以外は、シフト変更の申し出をしても聞き入れられないことがあります。また、仮に「火、水、金」とシフトが組まれたとしても、店側の都合に合わせて出勤しないといけません。厳しい秩序のもとでシフトが組まれているのです。
これに対し、キャバクラの求人では「シフト自由」といった記載がたいへん多く見受けられます。ただし、自由といっても、本当に好きな時に働きに行くということではありません。事前にある程度の出勤予定を聞かれますので、その時に自分が出勤できる日数を伝えることになります。
例えば、今週に来週の予定を聞かれます。来週は何日くらい出勤できるのかというのを聞かれるのです。その時に来週の予定を伝え、いつもより勤務日数を少なくしてほしい日などがあればそれを伝えます。
当日欠勤や無断欠勤は厳しく指導が入ります。しかし、予定確認の段階でシフトを変更する分には指導の対象にはあたりません。また、出勤当日には店のスタッフから出勤確認が入ります。
以上は一例なので、店舗によって方針に違いがあります。シフトは完全に自由というわけではありませんが、コンビニのバイトと比較するとかなり意見が通りやすいことがわかります。

girl posing in the sun

指名

一般的に、キャバクラは「高収入の仕事」として扱われています。
キャバクラが高収入だと言われる理由には2つあります。まず、時給が数千円以上であることがほとんどだということです。高収入だと言われている他のバイトでも、時給2000円に到達することはほとんどありません。
しかし、キャバクラの求人は「時給4000円~7000円」などという記載が見受けられます。経験や勤務可能日数などによって時給は変動する可能性があります。しかし、それを踏まえても時給が1000円を切ることは考えにくいです。したがって、他のバイトと比べると、かなり高収入が望める仕事だということがわかります。
次に、能力給がお給料に加算されるということです。店によって給与体系の違いはありますが、その多くは指名本数や売上が多いほど、お給料が増えるというシステムです。
キャバクラでは、顧客が女性を指名するためには指名料というのがかかります。また、飲み放題以外のボトルをおろせば、ボトル料金というのがかかります。つまり、指名が多く入ったり、ボトルを多くおろすことで、店側としては売上が上がりやすくなるのです。したがって、能力給がお給料に加算されることで、女性側と店側の双方にとってメリットがあるためにこういった仕組みがとられています。
これらのことを踏まえると、キャバクラというのは成績にシビアな仕事だというのがわかります。より多く指名を獲得できる女性はフリー客にも優先してつけてもらうことができます。

beautiful girl smiling

時給

短時間で稼げる大阪エリアでデリヘル求人を探すならこちらのサイトがオススメ!お給料全額バックしてくれますよ。

高収入を稼ぎたいと思っている女性には、キャバクラの求人がオススメです。
なぜ高収入が必要かというのは、個人によって様々な理由があります。ただ、高収入の求人を探しているというのであれば、キャバクラは普通の仕事と比べると高収入です。
キャバクラの求人では時給が設定されています。時給制がとられているというところは、コンビニや本屋さんのバイトなどと一緒です。
では、何が違うのかというと、まずは1時間あたりの時給の高さですね。コンビニを例にとってみると、時給は地域によってまちまちです。なぜなら、地域によって定められている最低賃金というものがありますので、その影響で同じ業種でも時給に差が出てくるのです。一般的には800円前後くらいとなっており、勤務時間によっては時給が50円ほど高くなる場合もあります。
これに対し、キャバ嬢の求人は少なくとも1000円以上であることがほとんどです。求人広告を見ると、時給は数千円以上となっていることが多いです。ただし、一部では日給制がとられている店もあります。
また、キャバクラの場合、指名本数などの成績がお給料に反映されます。時給は決まっていますが、指名本数が多ければさらにその分がお給料に加算されるという仕組みです。インセンティブがつくので、キャバクラの求人は高収入が期待できるのです。
このように、稼げる金額の限界が事実上は決まっていないのがキャバクラ求人の特徴です。自分の力で高収入を稼ぎたいと思う人にとっては適している職場であると言えます。
毎月のお給料は一定ではありませんが、指名を多くとったり、ボトルをたくさんおろしたりするほどより高収入が期待できる給与システムとなっているのです。

未経験でも簡単にスタート出来るソフトサービスならこちらのオナクラ求人へ。即日入店など柔軟な対応をしてくれます。